スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はつゆきさくら

すごい久しぶりの更新になりました・・・

今回ははつゆきさくらのレビューをします。
印象としては、応援歌でしょうか。
“自分と、全ての懐かしい人達に報いるために ”
はつゆきさくらの題材に卒業がありますが、
それに繋がるのがこの一文です。

たしか希のシナリオだったかと思います、
入学式の日の思いについて語られていました。

その大きさは人によって違うのでしょうが、
誰しもが、始まりの日に希望を抱いたはずです、
新しい生活への期待に胸を高鳴らせたはずなです。
そのときの気持ちに、そのときの自分のためにというのが印象的でした。
発売が年度末ということもあって、
やはり自分の身について思い返させるものがあって感慨にふけってしまいました。
明確には思い出せないけれど、ひどく懐かしいものでした。
“卒業”という内容に限るのなら、一番希シナリオが上手く扱えていたように思います。
夜シナリオも同様な気がします。
誹謗中傷に耐えてきた夜と彼女を支えてくれたもののために、
誰かを呪うのではなく、踊りたいという彼女の思いのために、
ゴーストよ、去れ でしょうか。

“自分と、全ての懐かしい人達に報いるために ”
自分は四季シリーズの夏から始めたのですが、(春は発売当初買って積んでます)
誰かの思いを受けとるというのはシリーズに共通するものなのかもしれません。
誰かの思いを受けとることの意味が物語を進めていく中で変化するのも共通なのかもしれません。
夏では、受け止めたくない現実に繋がるものでした
秋では、押し潰されそうになるくらい重いものでした
冬では、春に至ることを遮る呪いでした
誰かの思いを受け取るということの難しさなのかもしれません。
初雪と桜、妻と先生の物語にそれが表れているように思います。

逆に、(キャラクターの扱いとしてどうなのかとは思いますが、)
シロクマシナリオでは、“シロクマ、生まれてはじめて、誰かのためにって思ったよ”
というように、それが与えてくれるものを描いていたのでしょうか。
シロクマは何というか、よい中和剤というか、癒しになったのですが、
一体なんだったのでしょうね、あの存在感の薄さは、、、(妻より出番なかったような気も)

はつゆきさくらは、キャラクターが良かったと思います。
どのヒロインも魅力があって好きでした。
存在感ないと書いておいてあれだけど、シロクマは、ほんと和む、うん。
初雪については最初から最後まで好きになれなかった気がしますけれど。
厨二病と反抗期がひどいから。
(シロクマとのやり取りは嫌いじゃなかったです)
あぁ、サクヤは嫌いです、あいつ。

(閑話休題)
さて、話を少し戻しましょうか。

最初に応援歌と書きました。
今がつらいかもしれない、
けれど振り返ることができるようになれば、
きっとそれらが悪くない思い出に思えるようになるから、
時に誰かに思いをぶつけたっていい、だから諦めないで前に進んで下さい。
そういう作品なのだと思います。
それと感傷を含めるのなら、卒業まできた自分を認めてあげてもいいんだよ
ということでしょうか。

“自分と、全ての懐かしい人達に報いるために ”
とは、
いつかの懐かしい自分と誰かが支えてくれたように、
今の自分と誰かの思いが、きっといつかの未来の自分を支えてくれるのだと
そうして、進んでいくのかなとか思います。(若干こっ恥ずかしいです)


はつゆきさくらは、音楽がとても良かったですね。
音楽なしにはこの雰囲気は出なかったと思います。
お気に入りは「初雪の日に」でしょうか。
一聴で?この曲に惹かれました。
この曲はほんとに良いと思います。
寒い日の朝の目覚めから、一日の始まりへの期待までを感じさせる曲だと思います。
いやぁ、ほんと音楽が水月陵さんで良かった。
ほかにも好きな曲はあるのですが、
書いているときりがないので、後はご自身でお確かめ下さいということで。
サントラ持ってないのは損です、はい。

そして、歌。
最近聴くKOTOKOさんの作詞曲はどれも良いです。
猫撫、もっと姉しよAS然り、作品にピッタリのものを持ってくるので、
もう神です、何言っているかよくわかりませんが、ほんとすごい。
作品そのものを象徴している、そんな曲ばかりです。
それと、最後にあの方の曲を持ってきたのはずるいと思う。
四季シリーズの終わりに相応しいというか、
四季シリーズを最初から知っている人だと
この人を持ってきたかぁやられたってなると思います。
というか、自分がそうでした。

今年は、いまのところ4本新作をやりましたが、なかなか豊作になるかもしれないですね。
正直、はつゆきさくらもこういう出来になるとは期待してなかったです。
自分としてはキサラギの出来が微妙なところもあったので。
とりまぁ、こういう季節にやるには良い作品でした。

ほんともう少し書きたいことがあるのだけれど、時間がないので帰宅してから追記します。
たぶん、毒しか吐きません(苦笑


というわけで、現在学位授与式が終わって4日後、28日です。
少し遅れてしまいましたが、追記をば。

なんでサクヤが嫌いなのか、というお話。
Graduationシナリオ終盤、サクヤと綾の対峙より、
【サクヤ】「あなたは本当に、河野初雪を助けたいの。全部、自分のためじゃぁないの」
【 綾 】「え?」
【サクヤ】「彼がことを果たせば、この街にとどまれない。遠くへ、逃れなければいけない」
【 綾 】「・・・」
【サクヤ】「……あなたは、そうしてやっと、彼と恋人だった自分を復活させることが出来ると夢想しているんじゃないの」
【 綾 】「・・・」
【 綾 】「ずいぶな言いようだね。私が、そんなみじめな想いのために、ゆきちをそそのかしているみたいじゃないか」
【サクヤ】「事実そうでしょう」
【サクヤ】「去れよ、ゴースト」
【サクヤ】「これは、あの子……桜と彼の物語だ」
【サクヤ】「彼がゴーストになりきっているのだとしたら、それは……2人が、春に至れなかったということだ」
【サクヤ】「そうしてあの子に、彼を導くことが出来なかったのなら、誰も彼を連れてはいけない」
【サクヤ】「それだけのことだよ」
【 綾 】「言ってる意味が、私にはよくわからないよ」
【サクヤ】「じゃあ簡単に言ってあげる」
【サクヤ】「あなたはお呼びじゃないの」
【サクヤ】「未練たらしく彼にとりついてないで、去りなさい。あなたこそ、死者なの。ゴーストなの」
【サクヤ】「去れよゴースト」
【サクヤ】「バニッシュだ」


“これは、あの子……桜と彼の物語だ”
この台詞にモヤモヤしていました。
Graduationという題名からして、卒業を題材にしているこの作品ではそのものですからね。
どう考えても桜と初雪の物語なのですよね。
twitterで一時期、Kanon問題がぁーとか騒いでいましたが、これに対してのものです。
他ヒロインのシナリオについて、考える必要もないのでしょうけれど、
この思いが作品全体を通してのものであるならば、他ヒロインのシナリオとはなんだったのかと。
舞台裏で暗躍していたサクヤの発言は作品全体の主張のようにも思えてしまって。
まぁ、気にしすぎなのですけれどね。

“あなたはお呼びじゃないの”
正直、これにかなりイラっとしました。
なぜかって、簡単です、綾が好きだから。
何より、サクヤの言っていることが間違っていないから。
けれど、当事者ですらないサクヤが言うことかと。
まぁ、綾も脇役なのですけれどね、、、
ただ、桜の台詞であったとしても生者でない彼女に言える台詞かどうかは、ですが。
綾の初雪に対する思いが自分は定かではありません。
“未練たらしく彼にとりついてないで、去りなさい。あなたこそ、死者なの。ゴーストなの”
過去の思いに縛られているといえば、そうなのかもしれません。
けれど、それを夢みてはいけないのでしょうか。
“あなたは本当に、河野初雪を助けたいの。全部、自分のためじゃぁないの”
と言われればそうなのかもしれませんが。
今の綾の思いがよくわかりませんでした。
本当に彼女が願い、それを初雪が願うなら、そうなっても良いのではないかと。
フローチャートをぶっ壊して、綾エンドシナリオに入りたてぇと思いました(笑

弟を失ったことに対する穴埋めとしての初雪への思いだったのか。
初雪の思いも、誰かを失ったことに対する共感からだったのか、
よくわかりませんでした。
“バニッシュ”とは一体何だったのでしょうか。
綾は過去の記憶を失った(忘れていた)ようですが、Graduationシナリオにおいて
彼と彼女は記憶を失っていないように思います。

個人的には“バニッシュ”は気になりました。
サブヒロインのシナリオでは、決別の儀式であったように思いますが、
記憶を失う云々含め、どういったものなのかよくわからなかったです。


わからない、わからないと連ねてきましたが、おまけにもうひとつ。
初雪が春に、もっと言うなら卒業後に何を願うかわかりませんでした。
死者との別れ、人の思い、亡くなった人の思いを受けとるということは、
四季シリーズでみてきたので、正直真新しさがないというか。
新しいことだけが価値だとは思いませんが、
キサラギGOLD★STARでその先をみてしまっているので、物足りなさがありました。
反抗期というか、初雪の痛いところが幼すぎるように感じたことが、
自分の場合ではそれを増長させたようにも思います。
卒業までは綺麗に描けているけれど、その先は想像できないというか、欠落しているというか。
希とシロクマは描かれている分、余計に。
まぁ、そこを想像するのが、この作品という気もするのですけれどね。
思いを託すお話でもあるので、書いたら書いたで無粋な気もしますし。
うん、まぁ、自分が初雪のことを好きじゃないってだけなんでしょうね。
初雪というよりは台詞が好きじゃない、な気がしますが、、、
(わかってはいても、やっぱりゴーストチャイルドとか失笑しそうだったり、うん

綾のことばかり書いていた気もしますが、桜は桜で好きです。
実は中の方が苦手だったりすることも多いのですが、桜は好きでした。
今のところ車の人の担当キャラクターでは一番好きです。
でもランも好きだし、夜(何となくあずまのほうが親しみがあるのだけれど、なぜ?)も好きだし
希も好きだし、シロクマも好きです。
ランはキャラデザもいいですし、七原さんが好きなので、えぇ。
姉役というか、見守るキャラクターとの愛称がとても良いと思います、はい!!
夜はウサギの着ぐるみのが好きで一時期twitterアイコンにしてました。
かぁいい後輩キャラですね。てれデレ最高!!
希はやっぱり卒業という題材に一番近いところにいた気がします、在校生なのに、、、
シナリオ的には希シナリオが一番好きだったような気がします、はい。
シロクマはもうよくわからないですけど、好きです、グルルシロ!!


もう完全に話がまとまらなくなったので、切ります。
かわいいは正義ですっ(意味不明ですが
ほんとはもっと毒を吐く気だったのですけれどね、うん?
まぁ、とりあえず、『はつゆきさくら』の感想はこれで一旦打ち止めです。

最後にひとこと、
サガプラは早くED曲と収録されていないBGMをCD化しろ
ではでは~


あ、忘れてました。
前作のキサラギの音声の録音だかなんだかがかなりひどかったのですが、
今回は改善されましたね、あれは一体なんだったのでしょうね。
ただ、綾が剣を振るうシーンの掛け声で同じようなことがあったので、あれは冷めました。
次回作では完全になくなるといいですね、、、

はつゆきさくら 通常版

新品価格
¥6,200から
(2012/5/12 10:33時点)



はつゆきさくら コンプリートサウンドトラック B2タペストリー数量限定版

新品価格
¥4,681から
(2012/5/12 10:32時点)


スポンサーサイト

ブレイブルーCS

ブレイブルーの続編、コンティニュアムシフトのコンシュマー、PS3版です。
キャラ性能、バランスについてはバージョンアップもあるということで評価の対象外として、

今回、動作の基本をゲーム中で勉強できるチュートリアルモード、
基礎コンボからとても完走できそうにない超絶難易度のコンボまで
幅広く収録されたチャレンジモード、
PSP版ブレイブルーに収録されていたレギオンモードが新たに追加されています。

前述のチュートリアルモード、
チャレンジモードは動作の基本や各キャラ毎の基本等を練習出来、便利です。

また、操作に不慣れなプレイヤーのためにビギナーモードという物もあります。
コレが中々便利で、(さすがに自在に操れるキャラクターで使うと不便ですが)
ボタン連打でキャラクターが自動的にコンボを繰り出してくれるので
不慣れなキャラクターでも十分戦うことが出来、
ストーリーモードで苦労することもありません。
(レイチェルなんかは多分、ビギナーモードのほうが僕より上手いです(笑))

ストーリーモードも今回、新たに描き起こされたシナリオで
コレがかなり面白い。
基本的にストーリー自体が面白く、
前述のビギナーモードの存在もあって、苦手なキャラでもサクサク進み、
快適にストーリーを楽しむことが出来ます。
また、今回いちいち負けておかなくても達成率が100%に到達するため、
いちいち負けておかないといけないという不便な点も解消されています。

オンライン対戦も、ネットワーク環境がまともならば快適にプレイ出来、
高難易度CPUの超反応が理不尽、アーケードのボスハザマはビギナーですら理不尽、
アニメーションのクオリティがちょっと良くない(最初に見るであろうラグナとハザマの戦闘シーンが一番悪いと思います)
と、不満点もありますが、
対人戦の面白さはそのまま、ストーリーも抜群に面白いので、満足です。

BBCS_SS02__V214957811_.jpg
BBCS_SS18__V214957811_.jpg

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND 特典 オリジナルサウンドトラックCD付き

新品価格
¥4,852から
(2011/11/21 15:40時点)



BLAZBLUE -CONTINUUM SHIFT- (ブレイブルーコンティニュアムシフト) (通常版) (特典なし)

新品価格
¥4,580から
(2011/11/21 15:42時点)


妹スマイル

しとろんソフトの妹スマイルの攻略完了しました。

さて、タイトルで分かるように、この作品は妹オンリーゲーwww

それ以上でも、それ以下でもないです(あ

試みとして新しくは無いですが(ここの姉妹ブランドC:driveのどこでもすきしていつでもすきしても同じような感じだったし、他にもあったような)、「ヒロインを選択してからの1ルートシナリオ」という珍しいタイプの作品。

K2はロリ・幼なじみ属性ですが・・・・




妹も大好物(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

単純な「イチャイチャゲー」と分かっていていても特攻してしまいました(苦笑

さて、では妹達の萌え攻撃力を、いつもどおりグダグダ書いていきますw




妹スマイル

発売日 : 2009年11月27日
ブランド : しとろんソフト
原画 : 雛祭桃子
シナリオ : 海原楓太/鯉川こい
歌 : 新堂真弓

<ストーリー>
天涯孤独の人生を歩んできた主人公、だがある日遺産として大きな家を譲り受けることになる。
一人で住むには大きすぎる、どうするか…… 考えもまとまらず街をブラつく主人公。

街の行く先々で見かけた可愛らしい少女たち。
あんな子たちが俺の妹だったらなぁ……俺にも家族がいれば、あの家で楽しく過ごせるのかもしれないのに。
そんなことを思いながらも家に帰りつく。
あれこれ考えてもしょうがないし…などと考えていると、誰かが尋ねてきたらしい。
玄関を開けると、そこにいたのは先ほど街で見かけた女の子だった!

「あの……お兄ちゃんですよね……わたし……わたし、あなたの妹ですっ!」

物語は幕を開ける。



さて、上のストーリーでもご理解いただけるように、基本設定としては「天涯孤独(父親死去・母親消息不明)」で施設で暮らした後に4畳半のボロアパートで一人暮らししていた主人公に急に親戚の遺産として土地・建物(ある程度の金銭的なものもアリ?)が与えられる。

広い新居に戸惑いながらも一人暮らしを始めた主人公のもとに突然妹が光臨」・・・という感じ(爆

この辺りの設定はヒロインによって若干設定が微調整(変更)されます。

さて、気になるヒロイン選択。

この辺は体験版でも分かるとおり、プレイ開始10分間ぐらいの時間で全6人の妹候補が「自己紹介的な意味」でドタバタと登場。
皆、ちょっとだけですがw

で、プレイ開始10分ぐらいでいきなり・・・・



2009113016542386c.jpg




どの妹が良い?と言う選択肢出現(爆笑

選択画面は上のとおり。
いきなりすぎますwww


さて、その後は妹選んでヒタスライチャイチャすればOK!!

では、キャラ別感想b





--------------------------------------------------------------------------------

【ふつう妹】
東野 春菜 (とうの はるな) CV:藤森ゆき奈

純情可憐なはわわ系の女の子。
個人的には一番オーソドックスな「理想妹」な感じw

男性免疫がないのか、結構簡単なことでテンパるイメージがありますw

いつもニコニコで可愛らしいですが、実は主人公の元にくるまで、苦労してきた娘。
現代版「お○ん」的な何か(あ

そのせいもあって、「兄(主人公)のお世話をしなきゃあいけない」という観念にとらわれてますが・・・

さて、純情可憐な春菜ちゃんですが、主人公と結ばれた後は・・・




エロい、エロいよ、春菜たん(*´Д`)/ヽァ/ヽァ


いくらイチャゲーとはいえ、快楽に溺れるの早すぎwww
人生2回目のエチがベランダプレイ(HPのプレイムービーのシュチュ)なのに(ry


まあ、萌えましたが( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \


ラストの展開は6人中で1番こっていたかな?

エンディングロール前の1枚絵が印象的。





--------------------------------------------------------------------------------

【ツンデレ妹】
南澤 夏希 (なみさわ なつき) CV:青葉りんご

さて、製品発売前から・・・・






クッキーえめええええ(((;゚ロ゚)))



で、早くも今年の流行語大賞にノミネートされた娘(マテ

体験版での破天荒ぶりが有名ですが、本編は更に破天荒(あ


ただ、体験版でも感じていたことですが・・・



ツ ン デ レ 属 性 で は な い (´・ω・`)




というか、プレイした後も属性不明orz


ツンしたかと思えばデレ、デレたかと思うと何故か幼児化www

特に後半は幼児化が多かった気がwww

そして、品の無い台詞もチラホラとwww


属性的には・・・・




変幻自在のトリック・スター(((;゚ロ゚)))



主人公とは面識が無く、育ててくれた両親は義理。
家族の愛情に飢えていたという共通点で主人公と、次第に距離が縮まりますb

「フラグ(感情的な)立つ前にやっちゃう(性的にw)展開はどうよ?」と言う感もありましたが、その後の二人の関係は面白い展開かな?

ただ、純粋な「ツンデレ妹」を期待している方はご注意(あ






--------------------------------------------------------------------------------

【元気妹】
西澤 秋穂 (にしざわ あきほ) CV:佐々留美子

外見上は6人中一番ロリってる娘。
でも、結構しっかりしている。(もしかしたらヒロイン中一番しっかりしてる?

主人公の実の妹で、作品に出てくるヒロインの仲で唯一幼少時代からのお互いの思い出や記憶がある設定。

幼少時代のある事件(?)で、居所が分からなくなっていた。

とにかく「にいにい大好きっ娘」!!

最初のうちは彼女の行動に戸惑っていた主人公も次第にただの「妹バカ」にwww

設定が「離れていたけど不通に兄妹」なので、恋人的な感情になるのに少し時間がかかるのですが、それ以前もエチしまくってるのが何とも(苦笑


それと、彼女はヒロイン中最大の・・・・・・






エ ロ ・ エ リ ー ト (((;゚ロ゚)))


気をつけて!!





--------------------------------------------------------------------------------

【寡黙妹】
北郷 冬霞 (きたさと とうか)  CV:小倉結衣

個人的には一番期待していた娘。



黒髪・ロングのお嬢様ハァ(*´д`)ハァ



実妹だけど、兄のことは記憶にはない。
ただ、兄がいることは知っていて、ずっと兄に会える日を楽しみにしていた。

正直、出会う前から兄に恋焦がれていた感じ。

実際に会った兄がお気に召したらしく、何かあると出てくる台詞は・・・



兄さま、素敵です♪


何か、お兄ちゃんテンション上がっちゃう!!(あ


日頃が大人しいので、エチの時の乱れ方が萌えるハァ(*´д`)ハァ





--------------------------------------------------------------------------------

【ツンおた妹】
野中 詩季 (のなか しき) CV:風音


一言で言うと・・・




オ タ ク 娘 (´・ω・`)


それ以上でもそれ以下でも(ry

主人公と同じ学校で、有名な美少女設定・・・お約束?

実は、人気のある同人作家w

ツンデレ・・・なのかな?

夏希ほどではないけど、ツンデレかは微妙。


オタク娘シナリオだけあって・・・




ネ タ が 多 す ぎ (´・ω・`)


そのネタの質も微妙・・・。

イベント(同人即売会)やコスプレネタもあるけど、正直中途半端。

まあ、そういうの気にしたら負けなゲームなので良いかwww


まあ、キャラ的に萌えなかった(あ







--------------------------------------------------------------------------------

【ミステリアス妹】
月野 暦 (つきの こよみ) CV:新堂真弓


ミステリアスと言うより、電波系?

ただ、電波系と言う割には、言ってることがある程度理解できる・・・つまりはキャラが中途半端。

何がしたいのか、理解不能なシナリオだったorz


ただ、雑誌やネットの事前情報より全然ロリ娘だったので・・・・




エチシーンと下着のセンスは萌えたハァ(*´д`)ハァ


それ以上でもそれ以下でも(ry




--------------------------------------------------------------------------------





さて、総評としては・・・・・





可愛らしいイチャイチャゲー(´・ω・`)



まあ、正直突っ込みどころは満載ですが、もともと「妹とイチャイチャ」以外は期待してなかったので、個人的には予想以上に楽しめた・・・かな?




シナリオについては、期待するのは危険だけど(あ)、思ったより捻りがあって尚且つヒロインごとの特色がったので、アリかとwww

ただ、ヒロインごとに主人公や環境の設定の微調整してるのは好感が持てるけど、ヒロインごとに主人公が別人ぽくなる節があるので、主人公にシンクロは無理!

ただ、前述したとおり、最初10分経過後は各ヒロインシナリオに突入するため「共通ルート」は皆無だし、ストーリーもカットインを細かく挟んだショート・ストーリー展開になってるので、プレイでダレル事は無かったのは好印象b

登場人物は皆基本的にお人よしばかりなので、アットホームな可愛らしい雰囲気はグッド?

イチャイチャ度は十分に堪能できたので、この作品にそれ以上求めないならプレイしてみる価値はあるかも?

あと、気になるのは、この作品の「1ルートシナリオ」をどう捕らえるか・・・かな?

まあ、これはこの作品の売りなので必要なのでしょうが、その分1ルートでの登場人物が少なすぎる(主人公とヒロイン(妹)以外は基本音声の無いモブ・キャラ)という面が発生。
ヒロインルートが決定したら、他の5人の妹は一切登場しません。
その分、キャラ同士の絡みは期待できない。
「妹同士のお兄ちゃん争奪戦」とかがあっても面白そうではあるんですが・・・残念かも?

ただ、「浮気駄目!!絶対!!」的な方には、良くある「選択肢倒してヒロイン選ぶ」的な作品よりは好感が持てるのかな?





エチは大目。

一人平均10回ぐらい。
全部で57回(((;゚ロ゚)))

中には、そのまま2ラウンド突入もあるので、エチの回数は満足。

ただ、1回のエチの尺は短め。

内容的には全ての属性の妹が乱れまくるので萌えまくる(苦笑

個人的にはアリb



システムは普通。
必要なものは完備されてるけど、デザインが可愛らしいテンプレートにしすぎたため、若干見づらいかもしれない。

気になったのはこのゲームって、基本的に選択肢は「妹を選ぶ(このレビューの上のほうで掲載した画像の箇所)」所しかないんですが(エチシーンの(「中で出す」「外で出す」は沢山あるけどシナリオに影響ないし、シーン回収しなくてもCGギャラリーには補完されるのでリピートプレイはあまり意味が無い)、唯一のまともな選択肢でセーブができないのは、どうよorz

まあ、選択肢までスキップ機能使えば1分かからないから、良いんだけど・・ちょっと気になった。




音楽は、まあ普通。


まあ、何やらグダグダ言いましたが・・・・・




萌えたからOK(((;゚ロ゚)))



img_517235_10304006_0.jpg

event14.jpg

event17.jpg


妹スマイル

新品価格
¥9,980から
(2011/11/20 13:38時点)




妹スマイル 通常版

新品価格
¥6,407から
(2011/11/20 13:38時点)



どこでもすきしていつでもすきして 妹スマイル フレンドパック

新品価格
¥6,990から
(2011/11/20 13:39時点)



真剣で私に恋しなさい

2009年09月05日
真剣で私に恋しなさい!!
メーカー みなとそふと 発売日 2009/08/28
シナリオライター タカヒロ 原画 wagi



--------------------------------------------------------------------------------
レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
4点 4点 4点 5点 5点 5点 5点
総評 S: 90

--------------------------------------------------------------------------------

一言で締めるのコーナー
「磐石」



以下詳細レビュー
シナリオ 4点
 泣いて、笑った。
PC画面前でこれだけやれれば万々歳です。

 各メインヒロイン+風間ファミリー+クラスの女子+レコアルート、さらに最終ルート。
無論メインヒロイン以外はおまけ程度とはいえ、ファンディスク以上のボリュームという、
攻略不可能キャラなしというほどのユーザーフレンドリーさ。
しかしその分、女は皆、軍師の嫁、という予防線が張られ、ガクトやモロやキャップの幸せルートはないです。

 喜怒哀楽満載の最高ボリュームのシナリオです。

 つよきすや君主をやっておくと、なお良し。

グラフィック 4点
 断然おk(死
  音楽 4点
 I've、KOTOKO、きただにひろし、と最強布陣でした。
鳴ってほしいときに、鳴らないBGM達にがくりと来ることもあれば、鳥肌や感涙を招くこともあり、ムラッ気が感じられました。
総曲数も多く、武士っぽさが強調される音楽も収録、ほぼ鉄壁です。
挿入歌だけでなく、BGMで挑戦的な部分が欲しかったですが、クオリティの高さはやはり折り紙つきです。

文章(力) 5点
  才能爆発

 やはり、このレベルで書けますか?と問われたら、私はNOと言いますし、他の方も真似できないでしょう。
こと、業界内においては壁を垣間見ることは多々ありますが、純粋なネタ見せや「笑い」においては圧倒されます。

 社長自らということもあり、指名声優さんと文章のコラボレーションがやりたい放題、痺れて憧れます。
勧善懲悪、処女限定、お手つきNTRなしと、安心のタカヒロさんです。

システム 5点
 こぞって、巷で言われる、安心の戯画システム。
私もその通りかと(笑

 戯画さんはSEに難があると思っていますが、これはシステム的な意味ですよねぇ・・・
熱中度 5点
 被るシーン等は1割にも満たず、フルボリューム20時間、突っ走れます。それほどの面白さです。

 絢爛豪華な声優陣。ユーザー視点というか、ファン視点で指名とか(笑
杉田さんや中村さんも驚きましたが、草尾さんや小西さんまで・・・
各種声優ネタも指名だからできる快挙
好きな方は好きでしょうから、実際にプレイして確かめてみましょう。

 シャアはさすがに驚きませんでしたよw。カミーユは吹いたけど。
余韻度 5点
 必要十分、満足満腹。
いつも通り、所々痛かったりするけど、普及優先なのか、すんででカット等非常にフレンドリーです。
トラウマになったりしないので気持ちよく終われます

総評 S
 あぁ~、バルドスカイ超えちゃった・・・的な読了後の気分。
無論、バルドはバルドでゲーム的な面白さがありました。
エロゲーも点数高いのはいろいろありますが、これは時代で勝った印象です。
システムやクオリティ、コスト削減分散、様々な手腕が見て取れて、2009という時代に担った作品として勝った、と。
これが2010に出ていたら、他のソフトがクオリティで追いついてきて点数を下げざるおえなかったでしょう。まさにピン勝ち。
それを鑑みると、この同等のクオリティを誇るパルフェが4年前、追随のないオルタが3年前とか。
 声優面での得点が高くなるのはしかたないこと。だって好きなんだもん・・・。筆者も相当のファンでしょうし。
台詞を飛ばさない=クリックしない率が8割以上という、恐るべきソフト。

真剣で私に恋しなさい! 通常版

新品価格
¥8,352から
(2011/11/20 13:14時点)


真剣で私に恋しなさい!S 初回版【予約特典:まじこいソングCD付き】

新品価格
¥8,526から
(2011/11/20 13:15時点)


Rewrite

ママン、ナシむいてくれよ!
※ネタバレ感想は後半に書きますので、ちゃんと注意書きもします。
前半はできるだけネタバレを控えます

ストーリー 80点

個別シナリオはネタバレの中で書きますから、ここでは総合的な感想
とにかく世界観が深い、とっても深い
複雑に折り重なった事情を持ち味に、一つのテーマに沿った物語の展開を見せます
しっかりと練りこまれた巧みなる世界観は見事です

ただ、これがこのゲームの欠点でもあります
難解なんです、とっても
それに輪をかけて、明確な答えを作品内で教えてくれない
あ、いえ、答えは出ました。今まで見たストーリーを流し読みすることなく
ひとつひとつをきちんと理解しながら進めば、この作品が何を言いたいのかも、世界の秘密も大体明かされます
ただ、まとめという描写で、これは~~が言いたかったと明記されていません

たとえで言いますと、パズルを作ります、ピースを一つ一つ見ながら作りました
完成図は見せてくれません
でも、ピースを一個一個丁寧にはめたあなたなら完成図がわかる。と言ったところでしょうか

凝った世界観は素晴らしいのですが、難解なのと相まって万人に勧めにくいです
下手をすると、何がなんだかわからないと言う人もいるかもしれません

熟読して、理解しようとしながら進める方にお勧め、見ごたえはすごくあります

複数人シナリオと言うこともあり、不安定なところもありますが
これも好みだと思います。いっぱいシナリオが見れて嬉しいか、統一感がなくてげんなりかどっちかですね


キャラクター 85点

鍵特有の電波ちゃんはいなかった
大体のキャラクターは第一印象は微妙でしたが
ストーリーをやっていくうちに好感を持てる、出来事キャラクターなのも〇

神戸 小鳥
いやすごい、声優さんが。自分は声優とかそういうのを気にしないタイプだが
物まねやったり、変な抑揚つけたり、なんか一言に気合がすごく感じられる
彼女のルートの見所は声優さんの演技と言っても過言じゃありません
何かを隠していること請け合いで、頭悪そうにしてるけど
すごい成熟した考えを持っているのが良いですね

中津 静流
そういえば、この子もけっこう成熟した考えのいい子ちゃん
なんか強さがよく解らなかったかな、この子最強クラスなんだろうが実感わかない
デュワッは個人的に好きな台詞

千里 朱音
理屈っぽいところがGOODな引きこもり
ボケも突っ込みもそつなくこなし
リライト唯一ともいえるサービス要因
ルートと相まってリライト女キャラでは個人的に一番だと思います
知的キャラ万歳

此花 ルチア
テンプレのツンデレ、テンプレだからこそ愛される人
早とちりキャラは、シリアスだと色々面倒ですが
ギャグだと軽快な立ち回りを見せてくれるのがいいですね
手袋つけた子の素手を握るって、萌だよね

鳳 ちはや
強いえて言えばこの子が一番鍵っぽいかな
どじっこで、怪力な人
でもそこまでどじってわけでもないし
ただ役割的に他のルートでももっと活躍して欲しかったな

吉野 晴彦
物語の本筋にはあまり関わらない、友達キャラ?
ただ、どっちの勢力にも着かずかかわらずってことは
二つの勢力の共通点、入る理由に打ち勝ってるってことだからね
精神的には一番強い
ママン、ナシむいてくれよ!

鳳 咲夜
たぶん、この作品で一番人気があるんじゃなかろうか
ふじょしうけもさることながら、普通に格好いい
物語でもいいとこどりをたくさん
主人公との関係、対比も相まっておいしいキャラ


※こっからネタバレ感想

























ではここから、ネタバレで感想を書きます

まずネタバレのストーリー解説から
えっと、自分でも解りかねているのですが
多分良い記憶とは、他の惑星へ人類の芽を移そうとする意思
アウロラは一つの惑星にしか命をもてないから
命を他の惑星に芽生えさせるために、知的生命体を生み出した
可能性にかけたんですね、でも人間は環境を滅ぼすばかりで
アウロラそのものを死滅させるまでに至ったって所でしょうか
鍵は失敗した人間をやりなおすリセットボタン
鍵は良い記憶を手に入れたかった

terra以外はたぶん、月で起こった出来事
ほかにも色々ありますが大筋はこんなところ

自分が持つ疑問点としては、こたろうの能力
上書き能力は寿命のリスクがある分強いから、一見他のキャラとはバランスが取れているように見えますが
サクヤの例がある以上、どっちかっていうと不老不死も持ってる
万能なチート能力です
何でこたろうがこんな能力を持っていたのか、理由が知りたい
持つ運命だったと言われたら諦めるしかありませんが
なにかこの力を持つ理由を知っている方は教えて欲しいです

ではルート別に

小鳥ルート
両親の最期にはなんだかんだで感じるものはあった
持ち上げて落とすように、崖からもちあげられると気持ちがゆさぶられるよね
そして小鳥さんの声はルート上でもすさまじい
ストイックな本質に、その心を支えた救いとしてゾンビが周りにいるのは狂ってるよ
でもそれがいいんだ

ちはやルート
OP2はいつ見てもアレだが
このルートが一番戦闘モノっぽかった
サクヤの境遇と、同じ能力を持ったこたろうとの対比と成長が見所
最後の、みんなの力を借りてのパンチは王道で良い

朱音ルート
このルートが中でも完成度高い気がする
終末の雰囲気を漂わせた世界観がとってもGOOD
今まで殺伐だったのに、最後の出発には心温まる二人のやり取りが気に入りました
そういえばこの二人って、こんなんだったよなぁと
好きだからこそ欠点を言うと
中ボスとしても砂さんは器が小さいと思う
あとは、鍵が消えた後の世界に、他のヒロインも出演させて欲しかった

静流ルート
最後の日記が良かった
どんどんと苦悩を吐き出していくしずるの気持ちと
集団にいながら孤独な彼女の心がとてもとても
ただ、しずるさんには突っ込みどころがあります
あの色の違う目は何だ?
能力は製薬だし、目に関連する能力ナシとは
飾りだけのオッドアイは認めない!

ルチアルート
キャラクターの可愛らしさで言ったら一番でしょうか
つんとでれの落差
これは古代から語り継がれていた人間の愚かな記憶
ストーリーも盛り上がりはいいのですが
ミステリーの部分が難色を示します
一番の疑問は、ルチアが一人の時に現れたハルカ
何で一人だけなのに自作自演して
あまつさえ独白で嘘をつくという、意図的すぎるミスリード
読者はあらゆる情報の真実を汲み取って犯人を捜しますが
心の中まで嘘疲れたら、正しい情報なんてないようなもんです

moon
真実? を語るお話
先程から言っていますが
難解な世界観をもっともよく表しています
このルートを見ると疲れますね
ただ最終決戦で吉野が参戦してくれたのは嬉しい
サクヤがおいしいとこもって言ったけど
そのサクヤも格好良いので許せる

Terra
最後のルート
やり直しをしているようだが
それとも月が未来シミュレーターなのか?
未来を変えるという展開はとても好き
今での解消と言う意味のルートですね
コウモリなこたろうくん、自分が思っている以上に優秀です

おっぱいルート
おっぱい! おっぱい! おっぱい!
自分も貧乳派ダァーーーー!
ぶっちゃけるとどんな大きさでもオッケーダァーーーー!


総評
何だかんだいって、批判できるのはマッピーくらいですかね
ルチアルートもキャラクター萌として、主人公燃えとしてみると結構面白いです
シナリオランク的には
朱音>terra=ちはや>ルチア=小鳥=しずる=moon
キャラ的には
咲夜>吉野>朱音>ルチア
上位はこれくらいでしょうか
篝さんもおっぱいのはっちゃけだけならとっても好きです
笑いネタだと裸+のイベントがドリフみたいなノリでかなり笑えます

世界観の難しさはずっと言ってきてますので
人を選ぶけど頑張ってやれば面白い
お勧めするかどうかは微妙、人を選びますので

Rewrite 初回限定版

新品価格
¥7,640から
(2011/11/20 13:04時点)




Rewrite 通常版

新品価格
¥6,799から
(2011/11/20 13:04時点)




Rewrite Original Sound Track

新品価格
¥3,449から
(2011/11/20 13:05時点)


『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?

新品価格
¥27,676から
(2011/11/21 14:08時点)

Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>

新品価格
¥29,653から
(2011/11/21 14:09時点)

劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX

新品価格
¥60,540から
(2011/11/21 14:10時点)

【Amazon.co.jp限定】劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 Blu-ray「リア充ウハウハ!バージョン」(スチールブック付き)(完全限定生産版)

新品価格
¥8,400から
(2011/11/21 14:25時点)

クドわふたー 能美クドリャフカ のびのびわふわふぺったんこフィギュア

新品価格
¥5,380から
(2011/11/21 14:06時点)

僕は友達が少ない 500ピース 隣人部、活動中 05-965 (初回限定トレーニング用ミニサイズパズル付)

新品価格
¥2,520から
(2011/11/21 14:18時点)

劇場版 そらのおとしもの シークレット 入7種 時計 哀女神 SR全7種 1 イカロス 2 ニンフ 3 アストレア 4 風

新品価格
¥3,659から
(2011/11/21 14:27時点)

ワンフェス限定 1/7PVC完成品 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. - An oath and a little wish -

新品価格
¥5,980から
(2011/11/21 14:29時点)

【抱き枕】両面 抱き枕カバー 魔法少女 リリカルなのは フェイト dkm063

新品価格
¥7,700から
(2011/11/21 14:31時点)

ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター 涼宮ハルヒの憂鬱 BOX

新品価格
¥1,979から
(2011/11/21 14:33時点)

劇場版涼宮ハルヒの消失 長門有希

新品価格
¥23,840から
(2011/11/21 14:34時点)

ブリリアントステージ アイドルマスター 高槻やよい

新品価格
¥6,000から
(2011/11/21 14:37時点)

ブリリアントステージ アイドルマスターS-2 萩原雪歩

新品価格
¥9,800から
(2011/11/21 14:38時点)

Rewrite Harvest festa! 【Amazon.co.jp限定オリジナル特典付き】

新品価格
¥5,254から
(2012/5/12 10:48時点)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND 特典 オリジナルサウンドトラックCD付き

新品価格
¥4,852から
(2011/11/21 14:03時点)

機動戦士ガンダム EXTREME VS. (初回封入特典:プロダクトコード同梱)

新品価格
¥6,799から
(2011/11/21 14:01時点)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版)【CEROレーティング「Z」】 (特典なし)

新品価格
¥6,527から
(2011/11/21 14:13時点)

恋騎士 Purely★Kiss

新品価格
¥8,500から
(2011/11/21 14:20時点)

D.C.III~ダ・カーポIII~ 初回限定版 【amazon.co.jp限定予約特典付き】

新品価格
¥9,261から
(2011/11/21 14:22時点)

WHITE ALBUM-綴られる冬の想い出-AQUAPRICE2800

新品価格
¥2,385から
(2011/11/21 14:42時点)

ToHeart2 DX PLUS(限定版) 【 Amazon.co.jpオリジナル特典「選べるPS3カスタムテーマプロダクトコード」同梱】特典 オリジナルトートバック付き

新品価格
¥4,769から
(2011/11/21 14:42時点)

CLANNAD

新品価格
¥3,279から
(2011/11/21 14:44時点)

L@ve once -mermaid's tears- (通常版)

新品価格
¥5,600から
(2011/11/21 14:46時点)

fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase ねんどろいどぷち同梱 紅葉もいっしょセット

新品価格
¥9,381から
(2011/11/21 15:16時点)

涼風のメルト - days in the sanctuary - (限定版)

新品価格
¥7,497から
(2011/11/21 15:19時点)

アルカナハート3(通常版)

新品価格
¥5,300から
(2011/11/21 15:20時点)

アイドルマスター2 (通常版)

新品価格
¥6,474から
(2011/11/21 15:22時点)

DRACU-RIOT!

新品価格
¥6,200から
(2012/5/12 10:43時点)

ナツユメナギサ

新品価格
¥6,322から
(2012/5/12 10:50時点)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。